取って損のない資格

簿記検定は、 業簿記、原理、記帳、決算の基本的なことが学習できます。


単純に検定を取得することによって会社の会計「B/S・P/L」が理解できるようになります。


事業計画書の作成、帳簿付け、確定申告をマスターして、独立するためにも役立ちます。



ホリエモン(堀江貴文)も簿記は取っておいて損はないと公言していました。


これからの若い人は三級程度の簿記の資格を取得しておくことをお勧めします。・・・簿記ができると何が変わるかというと、それは自分で「B/S・P/L」を作ることができるようになることです。・・この二つを並べてみると、お金の動きが見えてきます。そして自分の経済状況を「B/S・P/L」に置きかえると、いろいろなことがクリアになるのです。



2級、3級なら集中して学習すれば、

1、2カ月で取得できるので、スキルアップに挑戦してみましょう。



関連リンク : 簿記検定 


| 1/1PAGES |